impre.net

 | 新着情報 | 登録 | 修正 | 検索 | 人気投票 | プロフ編集 | コミュニティ |

 プラグ
X-120
メーカ名メガバス
更新
お名前むーさん
アイテム名X-120
対象釣り歴15年以上更新日2010/09/02
使い込みLv.■■■□□満足度★★★★★
用途
大型河川にて、シーズン問わず、いろんなシーンで
気に入っている点
圧倒的な存在感、120なのに、使いやすい(扱いやすい)
気に入らない点
魚種を選べない
しいていえば、80と飛距離あまり、変わらず
コメント
メガバスのミノー系は、どれをとっても、いいですね。
とても、信用しています。
更新
お名前バクバク太郎さん
アイテム名X-120
対象釣り歴15年以上更新日2010/03/14
使い込みLv.■■■□□満足度★★
用途
流れのある川や富士五湖などでよく使います。
気に入っている点
まあ飛ぶ。よく動く。
この長さでコレだけスリムかつよく動くというのは良くできたミノーだと思う。
気に入らない点
根がかりはしやすいほうかな。
120って言うからもっとボリュームがあってを期待していたけどスリムで小さく見える。釣れるサイズが結構しょぼい。
コメント
動きもルックスもこれといって特徴のない普通のミノー。
釣れることはつれるけど、コレじゃなくてもって思うことがしばしば。
結構値段もするし買う必要も無いかな。
更新
お名前まぐろ丼さん
アイテム名X-120
対象釣り歴10年以上更新日2009/11/09
使い込みLv.■■■□□満足度★★★★★
用途
リザーバーでの40up、50up、60up、ひいてはワールドレコード狙い
気に入っている点
120・・(ワンツーオー)。
初めて手にした時、私はそのサイズに戸惑いを隠せなかった。
そして、その戸惑いは由樹氏への疑念にも繋がる程であった。
だが、そんな迷いを胸に120を初めてキャストした時、その迷いは完璧に払拭され、同時にある種の震えが私を襲った。
「これはルアー業界初の革命だ・・・」
革命というものは、天地がひっくり返ることを意味する。
120が齎した革命。
それは、ルアーを超えた圧倒的な生命感。
あなたは笑う。

「ルアーがルアーを超えるなど、ありえないことだよ。」

確かに、120というルアーはプラスチックで出来た塊に過ぎない。
だが、それはタックルボックスという名の干乾びた水槽にいる限りでの話だ。
120の革命の始まり。
それはフィールドでキャストした瞬間・・・
そう、その瞬間、それこそが120の革命の舞台の幕開けなのだ。
水を得た魚の如く、とはよく比喩される表現だが、之ほど120に当てはまる表現は後にも先にも無いであろう。
水面に放たれた120は、フィールドの一生命体系への加入を果たし、全てのフィッシュイーターは否応無しに、狂喜乱舞を繰り広げる。
そこに微かに垣間見えるは、由樹氏の言葉を超えた思想、圧倒的な世界観。
その思想や世界観に触れた瞬間(とき)、この業界に嫌気が差し、錆びた歯車のように動きを止めていたアングラーの世界が、鮮やかな色と未来を帯び、再び、始動を始める。
120の相棒にデストロイヤーを選ぶなら、その動きは速さをも身につけ、あなたではなく、未来の方があなたへ近づいている・・・
そんな錯覚すら覚えることになるだろう。
気に入らない点
唯一の短所。
それはそのデカさ故に、アングラーに使用を敬遠されてしまうことだろう。
値段は相応以上の効果を発揮するので、気にしてはいない
コメント
ワールドレコードという夢を描く全てのメガバシストへ送る最終ウエポン。
それが120。
閉ざされた扉のことなら、この120に任せて欲しい。
全てを破壊する革命者がその扉の先の世界へ、責任を持って、アングラーを案内してくれるのだから。
あとは、ただ、ワールドレコードという前人未到の夢へ邁進するのみ・・・。
遠州灘の漁師町が生んだ伊東由樹という一人の稀代の芸術家が、ワールドレコードというあまりにも大きすぎる夢を描く夢追人へ向けたメッセージ。
それを受け取る意志を抱いた時、夢は、現実へと鮮やかに昇華する。
更新
お名前rbcさん
アイテム名X-120
対象釣り歴15年以上更新日2008/09/18
使い込みLv.■□□□□満足度
用途
ウィードの上を引いて
気に入っている点
飛距離
気に入らない点
重心移動が、元の位置まで戻らない
テールを持って、強く振ると、ようやく元の位置に戻る
コメント
使ってみて、見た目は当然、動きも、すでに発売されてる
某メーカーのシーバスミノー、まんまでした。
最近のメガバスは、こういうのが多くてガッカリさせられます。

今の時期に、水面直下まで生えるウィードの上で
使うつもりで、3色購入
その中の1つだけ、キャスト後、強くジャークしても
ウェイトが元には戻らないものが有りました

イマカツのルアーみたいに、飛行中にウェイトが中心部まで
戻ってしまわない様にする仕組みを真似たものの
制度が低いのか、つっかえてしまい
このような症状が出ています。

ショップの話では他の人にも、この訴えが有ったそうなので
購入時には、しっかりチェックした方が良いかと思います。
更新
お名前かりんとうさん
アイテム名X-120
対象釣り歴10年以上更新日2008/06/24
使い込みLv.□□□□□満足度★★★★
用途
野池にてリッピングにて使用
気に入っている点
よく釣れた事。
比較的飛距離が出ること。
だめもとで使用してみたが釣れたところ。
気に入らない点
友人との釣行だったため、気を使いルアーを付け替えたこと。
他のメーカーのパクリ(?)と思える点を感じる。
コメント
このルアーで45センチを筆頭に4〜5匹程入れ食い状態だった。

Copyright(C) 1999-2019 花鳥風月, All rights reserved.