impre.net

 | 新着情報 | 登録 | 修正 | 検索 | 人気投票 | プロフ編集 | コミュニティ |

 ベイト
スティーズ 661MFB マシンガンキャスト TYPE-1.5
メーカ名ダイワ
更新
お名前稲美の狸さん
アイテム名スティーズ 661MFB マシンガンキャスト TYPE-1.5
対象釣り歴20年以上更新日2018/06/08
使い込みLv.■□□□□満足度★★★★★
用途
オカッパリのベイトリール1本勝負でのバーサタイルロッド or ML等の軽量タックルとMHの重量タックルの隙間を埋めるロッドとして使用。

スティーズ sv tw とのコンビで、巻物4: 底物6
気に入っている点
・軽さ。

・ややレギュラー寄りのファストテーパーが、66という絶妙のレングスと相俟って生み出す抜群のキャストアキュラシー。

・ロクマルが相手でも不安のないトルクフルなバット。

・何よりも、そのバーサタイル性能。

全てのバサーを全てのリグで100パーセント満足させるバーサタイルロッドは存在しないと思います。ですが、このロッドは「目をつぶらなくてはならない」部分が極めて少ない…というところに、その存在価値を見い出せるのではないでしょうか?

浅溝SVスプールに10lbと組み合わせれば、ドライブスティック3.5等、5gほどのノーシンカーワームでも驚くほど飛距離は出ますし、操作性も抜群。7g〜15gのミノーやクランクなら、リールの性能は問わずそれこそど真ん中(スピナべも◎)。フッキングやトレーラーの事を考慮すれば、12gまでのラバージグも軽快に操作&フッキングできます(1/2ozのジグ+バルキーなトレーラーとなると、流石に先重りしますしフッキングに不安が出ます)。
気に入らない点
・底物での感度は専用ロッドからすると70点
・巻物使用時は、テーパーがややファストに寄り過ぎ(バラシは今のところありませんが)
・オカッパリでは状況により、飛距離がやや物足りない

まぁ、バーサタイルロッドにありがちな弱点です。ですが前述の通り、全ての釣りでかなり高いパフォーマンスを披露してくれるロッドです。T. Namiki…凄いのつくりましたなぁ(信者ではありません)。
コメント
私自身、ベイトは(主にボートで)スカイレイとブリッツで軽〜中量リグ、S社のMH竿とスカイパイレーツで中〜重量リグをそれぞれ底物・巻物をやっていく(時にXHのブッシュ打ちやビッグベイトロッド)…というスタイルなんですが、ど真ん中のMロッドを複数本所有する余裕がありませんでした。そんな折、強さ的にど真ん中、底物も巻物も高次元で対応できるマシンガンキャスト1.5に目が留まって購入したのですが、今やなくてはならない名竿となっております。シーズンによって、また魚の状態によって(スピニングを含め)3, 4本のロッドを連れていきますが、この竿が外れることはありません。
更新
お名前Rahakutsuさん
アイテム名スティーズ 661MFB マシンガンキャスト TYPE-1.5
対象釣り歴10年以上更新日2017/04/03
使い込みLv.□□□□□満足度★★★★★
用途
スティーズsv twを乗せて、オカッパリでの中量級バーサタイル。

ミノーや大きめのシャッドのジャーキングとタダ巻き、スピナベ1/4〜1/2oz、高比重ワームNS、ジグ&ポーク、冬場の鉄板パイブ等
気に入っている点
あまりインプレ出ていないので、高度な事は書けませんが参考にして頂ければと思います。

入水式にて1/2テキサスを投げた時、「ファストテーパー」に疑問符が浮かびまくりましたが、スピナベやクランクを巻いてみて、並木氏の「巻き物での扱いやすさを残しながらもファーストテーパーを選んだ」の言葉の意味がよく分かりました。

基本はやはり巻物。乗せ調子を軸に、ワームをも扱いやすいようにやや先調子よりにしたレギュラー寄りのファストテーパーという事ですね(下の方もおっしゃられておりますが)。

売れ筋を狙った感はありますが、私のようにオカッパリがメイン、スピニングとベイト1本ずつ、又はベイト1本のみという方には重宝する中量級のバーサタイル…という感じです。

まぁ、期待はしてなかったのですが、元々巻物専用のType 1の焼き直しにプラスされたワームの使い勝手は…「使えなくない」程度に考えていただいた方が良いかと思います。そもそもCOMPILE-Xを搭載したセンシティブ・ロッドの感度を巻物竿に求めるのは間違っていますし、この竿に慣れてくると高比重NSでも底を取れるようにはなります。

スティーズシリーズにバーサタイル性を求めるアングラーは少ないのかもしれませんが、タックルが限られるオカッパリ時、わたしはとても重宝しております。

7g〜20gの軽量〜中量級ルアーを快適に投げられ、やや胴調子寄りの為メインは巻物。感度は専用竿には敵わないが、先調子の恩恵からワームやジグにも十分に対応できるバーサタイルロッド…という位置づけだと思っていただければ良いかと思います。

6.6fの取り回しの良さ、またスティーズsv twとの組み合わせもあってか、とても使い勝手が良く、私は個人的にはオススメです。
気に入らない点
期待しませんと書きましたが、やはり期待してしまうのが、底物をやっている時の感度。まぁ巻物竿だと思えば十分に合格点なんですけどね。

不満ではないのですが…そこはスティーズ!期待しちゃうんですよね。
コメント
以上、下手くそのインプレでした。

バーサタイル性、軽さ、キャストアキュラシー、乗せ感(バラシの少なさ)、底物時の掛け感、全て私にとってはハイレベルです。高い買い物でしたが、大変満足しております。
更新
お名前ヘビメタおじさんさん
アイテム名スティーズ 661MFB マシンガンキャスト TYPE-1.5
対象釣り歴1年未満更新日2017/03/23
使い込みLv.□□□□□満足度★★★★
用途
ショアにて6インチ1.8gネコリグ、ジャークベイト、1/4〜1/2ozスピナベ、高比重シャッドテールのノーシンカー等。
気に入っている点
レギュラーファスト気味のテーパーによりキャスタビリティと根掛り回避能力の両立感が絶妙な点。
思いの外強力なバッドパワー。
気に入らない点
この年代のエアビームリールシートのフォアハンドグリップデザイン。
フラグシップの癖に甘い検品。(カーボンシートに傷があった。クリア塗装の中の傷なた目、クレーム出したかったが、販売店に阻止された…orz)
コメント
バスに復帰してMC2を購入するも、曲がりすぎるテーパー故にバックハンドのキャストが全然決まらない、3/8oz異常のスピナベを沈みテトラにスタックさせた際の根掛りが回避できずにハマってしまうと言ったトラブルが多発し、MC1.5に買い換えました。
メーカーの謳い文句通りシングルハンドでビシッとキャストが決まるのですが、これはファストテーパー気味のロッドならある意味当然。
しかしながら、微妙にレギュラーよりなファストなので、巻物でのバイトを弾きません。
ハートテールのノーシンカーで20g程度になりますが、全然余裕で背負えます。(シンカーを使うときは流石にMC3でやってます)
スピナベも1/4〜1/2ozまで全然行けちゃいます。
同じ様な番手のウェアウルフより全体的に強い印象です。
ティップが然程繊細なティップではないので、ネコリグは出来るけど「うーん…」というのが正直な感想です。
専らライトテキサス、スピナベを軸にしていますが、ごちゃごちゃしたカバーが少ない場所で1本持っていくならこの竿を選びます。
なお、入魂魚はシーバス80cmでしたが、アフターの魚特有の弱々しいバイトをしっかり拾って乗せきりました。また、ベリーまでは曲がるものの、バッドが余裕で残る事に驚きました。
また掛けの釣りで掛けたら再度インプレします。

Copyright(C) 1999-2019 花鳥風月, All rights reserved.