impre.net

 | 新着情報 | 登録 | 修正 | 検索 | 人気投票 | プロフ編集 | コミュニティ |

1 2 NEXT>>
 プラグ
LIVE-X REVENGE
メーカ名メガバス
種別ダイビングミノー
コメントリバイアサンより若干浅目の潜行深度のダイビングミノー。
多目的重心移動システムMK-2B搭載。
更新
お名前森島先輩さん
アイテム名LIVE-X REVENGE
対象釣り歴15年以上更新日2011/12/20
使い込みLv.■■■■■満足度★★★★★
用途
川、シーバスに。
気に入っている点
ただ巻き、たまにジャーク。
気に入らない点
なし。
コメント
最近では、中古で安く買えて、いいですね。すごく釣れますよこれ。バスからシーバスまで。リベンジのシーバスカラーあればいいのに。
リバイアサンと違って、巻き抵抗も少ないし。
それに、意外とシャローでも使えますしね。
更新
お名前しゅくれさん
アイテム名LIVE-X REVENGE
対象釣り歴10年以上更新日2011/04/09
使い込みLv.■■■■■満足度★★★★
用途
ウィードエリア2.0mラインでのただ巻き。
春はサスペンドミノーとして。
気に入っている点
リバイアサンより内部構造が整理されているのでよく飛ぶ。
きびきびとしたアクションは使っていて気持ちいい。
極めて美麗なルックスと豊富なリアルカラー。
あまり潜らないので野池でも使えます。
クランキングミノーなのでただ巻きでも、トゥイッチでも良い感じ。
リバイアサンはサスペンドが微妙ですが、これはしっかりサスペンドする。
気に入らない点
根がかりを回避する刃物のようなリップらしいですが・・・
普通にウィードが絡みますね。
あと、あのリップは薄く作られているので脆い。
あまり弱点がない秀逸なルアーだと思う。
コメント
メガバスミノーのなかでは非常によくできています。
見た目がリバイアサンと似ていますが、動きは結構違います。
メガバスはよくできたルアーのほうが人気が無いんですかね・・・
更新
お名前むーさん
アイテム名LIVE-X REVENGE
対象釣り歴5年以上更新日2008/09/11
使い込みLv.■■■□□満足度★★★★
用途
春先、ぽかぽか陽気になったかな〜と思う時、限定
気に入っている点
ライブX系は全て好き
ミノー投げてて、これを投げて喰わないとあきらめるぐらい
信頼している。
気に入らない点
ないかな
コメント
リバイアサンでは、ちょっと潜り過ぎかな
てな時投入
レンジのサーチが重要だと教えてくれたルアーです
更新
お名前しんいちさん
アイテム名LIVE-X REVENGE
対象釣り歴15年以上更新日2007/02/07
使い込みLv.■■■□□満足度★★★★★
用途
ただ巻き、ストップ&ゴー
気に入っている点
飛距離が出る。
深度設定が深すぎず使いやすい。
自分の想像より根がかり回避能力が高い
気に入らない点
メガバスプラグの中では入手しやすいので特にありません。
コメント
年中使えるルアーだと思いますが、特に河川で使用した場合と
ポンプリトリーブして止めた後のアクションが他のプラグには
見ることが出来ないところがいいとは思います。
深度設定が意外と浅い為、おかっぱりでも十分使用できます。
個人的にM社のプラグの中では一番好きです。
更新
お名前しゅうまい弁当さん
アイテム名LIVE-X REVENGE
対象釣り歴-更新日2005/05/19
使い込みLv.-満足度★★★★★
用途
ポンプリトリーブ
気に入っている点
ウィードを拾いにくい
かなり飛ぶ
釣れる
気に入らない点
色が選びにくい
コメント
最大58cmまで釣ってます
更新
お名前kohjiさん
アイテム名LIVE-X REVENGE
対象釣り歴-更新日2005/04/19
使い込みLv.-満足度★★★★
用途
春先のサイトフィッシングがメイン。その他はクランクベイト的に
気に入っている点
何も考えず適当にジャークやトゥイッチすれば、ハチャメチャなアクションを起こしてくれて、バスにアピールしてくれるところ。
気に入らない点
このルアーに限った事ではありませんが、メガバスのサスペンドタイプのルアーは殆どがスローシンキングなところ。たまたま私が使っているルアーだけかも?
コメント
毎シーズン、この時期には欠かせないルアーの1つで、本日もサイトにて40Upを釣り揚げました。以外と野池で釣果が上がってますので、根掛かりを恐れず使ってみて下さい。ルアー自体は決して大きすぎる事はありません。この時期のお奨めのカラーはこちらが見易いカラーであれば問題ありませんが、私的にはビワヒガイやマットタイガーで釣果が出てます。是非お試しあれ。
更新
お名前蠍王さん
アイテム名LIVE-X REVENGE
対象釣り歴-更新日2005/01/02
使い込みLv.-満足度★★★
用途
ボトムを感じながらスローリトリーブ
気に入っている点
飛〜〜〜〜〜ぶね!
今、出まわってるダイビングミノーの中で1番飛ぶと思います。
根掛かりが少ない。
メガバスルアーは愛着がわく。
気に入らない点
無い
コメント
ボトムをスローにリトリーブしていたらガツンと来たんですけど、切られてしまい放心状態になっていると、切られたはずのリベンジがプカプカと浮いてきてラッキーと思いながらそれを拾い、また投げてリトリーブしていたらまたガツンと来たんですけど、またもや切られてしまいました。あれは一体何だったんだろうか。
更新
お名前はぜさん
アイテム名LIVE-X REVENGE
対象釣り歴-更新日2004/11/15
使い込みLv.-満足度★★★★
用途
リザーバーなど大場所で使用。ラグゼノーム666+コンクエスト200DC+GT-Rスーパー20LBのタックルで最大飛距離30mと考えている。
基本的にはクランクベイトを使っていてもう少し大きなシルエットが欲しいと考えた時に登場。具体的には強い流れのインレット、マッディなどルアーのシルエットがぼやけ易いエリアや、ベイトフィッシュが大きいエリアなどで使用。潜行水深は2mくらいか。
設計者には申し訳ないが、ほとんどただ巻きでしか使わない。クランク扱いで護岸やボトムに当てて使う。ジャーキングで使うにはMHクラスの硬い竿が必要であろう。
はっきり言って夏にしか釣れていない。
フェイバリットカラーはHT-ITOワカサギ。記念すべき04年最高48.5cmをゲットしたルアーである。
気に入っている点
すっきりとしたシルエットはベイトフィッシュライクである。日本の中型ベイトフィッシュはちょうどこのモデルの大きさくらいものが多いと思う。ディテールも丁寧に作り込まれており、メガバスらしい美しいプラグである。
アクション自体はきびきびしたウィグリングで、バイブレーション的である。DEEP-Xシリーズに近いアクションであり、単純にクランクベイトとして見ても非常に良い動きだと思う。
ジャーク、トゥイッチするとハチャメチャなトリッキーアクションをする。ウイグリングの安定感とはかなり落差のあるイレギュラーアクションである。
飛距離はかなり出るほうである。
メガバスのサスペンドミノーとしてはほとんど唯一きちんとサスペンドする。
完成度は非常に高く、ロングビルミノーとしては究極に近いのではないか。
気に入らない点
野池では単純に大きすぎるのであまり使わない。余談だが、DEEP-X201を復活させるか、DEEP-X101を発売して欲しいとメガバス社にお願いしたい(マーゲイでは軽すぎる)。
逆に、このフォーマットでフローティングモデルが欲しい時もある。
リバイアサンよりはマシだが、ジャーキングで使うのは引き抵抗の問題からMクラスバーサタイルロッドでは難しい。
機能的にはまったく無い。思うように釣れないのは単に自分の腕が無いだけである(笑)。
コメント
04年度データから読み解くライブXリベンジ
・ 所有個数…2、ロスト無し
・ 04年度獲得匹数…2匹(最大魚48.5cm)釣果ランク28位
・ 釣果内訳…50cm未満(2匹)
・ 状況…リザーバー(2匹)
・ 月別釣果 7月…1匹(最大魚獲得)、8月…1匹
・ カラー別釣果・・・HT-ITOワカサギ(2匹)
・ 僅か2匹の釣果だが、それが45cm、48.5cmなのであるから、あだやおろそかには扱えない(笑)。
・ 二匹ともリザーバーの、流れの強いインレットでの釣果である。ボトムに当てながらただ巻いただけ。
・ これ以外にもでかい奴を何回かバラしている。

04年度メモリアルフィッシュ
7月、某県某ダム。その頃好調だったインレットに向かうと、バスが盛んにボイルしているのが見えました。「こりゃ、楽勝だ」僕はトップやバイブレーションを投げ始めました。ところが、さっぱり食いません。様子を観察するとどうもボトムから食い上げているらしいのです。そこでDEEP-X200を投入したのですが、反応無し。どうも小さすぎてバスの目に入らないらしい(本当かどうかは知らないが)と考えた僕は、あまり使った事も無かったこのモデルをキャスト。ボトムに当てながら比較的早めに引いてみました。
しかし、やはり反応無し。ルアーチェンジを考えながらルアーをピックアップしようと竿を立てた瞬間、ラグゼノーム666がいきなり真ん中からぶち曲がりました。あわてて左手でホールドするもそのままロッドは引き倒され、ゴムボートが引っ張られました。コンクエストDCのドラグが鳴り、ロッドはバッドから軋み音を立てて水面下に引きずり込まれようとします。「これは間違い無く自己最高クラス!」と確信した僕はクラッチを切り、親指でラインをコントロールしながら慎重にファイト。
ヒットした場所から流される事20m地点でようやくキャッチ。大きさは僅かに0.5cm上乗せの48.5cmでしたが、間違いなく今期最高の激ファイトでした。
1 2 NEXT>>

Copyright(C) 1999-2019 花鳥風月, All rights reserved.