impre.net

 | 新着情報 | 登録 | 修正 | 検索 | 人気投票 | プロフ編集 | コミュニティ |

 ベイト
M-ito 103
メーカ名ダイワ
更新
お名前ヤスヒロさん
アイテム名M-ito 103
対象釣り歴15年以上更新日2013/12/28
使い込みLv.■□□□□満足度★★★
用途
pop-xなど。
気に入っている点
パガーニと合わせて雰囲気良い感じ。
オリジナルミリオネア使った事無いですが。
巻き心地、キャスト性能十分ですね。pop-xくらいの軽いのでも安定してキャストできる。
TD-Zよりマイルドな感じ。
気に入らない点
ノブがファイト中つまみにくい。
コメント
色が気にいって買いましたが、その色が気に入らんくなり売却(笑)すぐ飽きました。 性能面は文句なし!

パガーニとか雰囲気を楽しむ系のデザインは自分はすぐ飽きるのに気づかされたリールですね。

改めて思った。釣具は性能重視。雰囲気とかどうでもいい。
いかに魚を釣るか…

あくまでも自分の考えです。
釣りは色々楽しみ方が有ると思うので。
更新
お名前ヘプ太さん
アイテム名M-ito 103
対象釣り歴25年以上更新日2007/08/04
使い込みLv.□□□□□満足度★★★★
用途
・TOP主体に巻物全般。
気に入っている点
・飛距離が出るのでオカッパリに良い。
・TOP好きには最高のド派手な色。
気に入らない点
・巻き心地が悪い
コメント
・中古で購入し自分でOH行った。
・飛距離はモノブロックに劣るが、ベアリングの経年劣化を考えると 仕方ないと思う。(オフにメーカーにてOH予定)
・重たいルアーを巻くにはモノブロックより巻きやすいので気に入っ てます。
【更新】
ハンドルノブをアルミに交換したらトップ屋らしくなった(笑)
更新
お名前はぜさん
アイテム名M-ito 103
対象釣り歴-更新日2005/09/12
使い込みLv.-満足度★★★★
用途
デストロイヤー・トマホークF4-70TXにセットして使用。ラインはスーパーGT-R20LB。
最低5g程度のルアーから1オンスくらいまで使用。4.4gのベビーグリフォンが13m程度キャスト可能(ブレーキ設定はMAX一つ手前)。
幅広く何にでも使えるという印象。ローギアなので巻き物に特に向く。
気に入っている点
シンプルな外観。全体的な曲線が柔らかである。全体的にスパルタンな印象のあるコンクエストとは対照的に、柔和で女性的な印象を受けるデザインである。シルエットもコンパクトにまとめられており、パーミング性も大変高い。
釣り具の常識を覆す様なカラーリングは鮮烈である。メインカラーであるパールピンクとシャンパンゴールドには奥行きのある透明感があり、それをドラグノブのオレンジ、ハンドルノブのウッドブラックが程よく引き締めている。リール形状にマッチしたどこと無くクラシカルな雰囲気すら漂わせる配色であり、リール単体で見れば調和も取れた非常に美しいカラーリングだと思う。
素晴らしい遠投性能。現行品最強レベルであると言える。こまめなブレーキ調節を必要とする感はあるが、軽量ルアーでも相当な飛距離を出すことが出来る。
マグフォースVは紛れも無く現行最高峰のブレーキシステムである。バックラッシュのし難さ、飛距離性能はもちろんのこと、突風への高い対応性、糸ふけの出難さ、低弾道キャストのやり易さ、飛距離のばらつきの無さなど、特に使い勝手の良さが秀逸である。釣りをしていてリールの存在を忘れてしまいそうになるほど、あらゆる意味でのトラブルが少ない。釣り場にはキャストコンテストやリールの限界性能試験をしに来ている訳ではないのだから、釣りに集中出来るという意味でこの使い易さは他に代え難いものがある。
剛性感は、同社のピクシーの頼りなさとは雲泥の差である。これは、実際は剛性の差と言うよりは素材の違いによる組み上がり精度の差だと思う。この差は長期間使用時の耐久性の差となって明確に現れる筈である。
マグフォースVの外部調節ダイヤルが標準装備である。しかしこれは本来、当然標準装備されて然るべき装備だとは思う。付いているのといないのとでは使い勝手が全然違うのは言うまでもない。
金属ボディの割には非常に軽い。トマホークは重いので助かる。
ハンドルノブはノーマルの圧縮コルクよりもこちらのウッド素材の方がハードタッチで好き。
気に入らない点
巻き心地はダイワ的な精密感の無い物で、良くはない。スムーズではあるのだが、リーリーング抵抗の変化をリニアに伝えてはくれない。
巻き上げ力にやや不足を感じる。個人的感触としてはコンクエストと比較して20%くらい力が余計にいる感じ。このため引き抵抗の強いルアーのリトリーブ時、余計な力が入るため竿先がぶれ易い。
価格からすれば信じ難いことに、ドラグとキャスコンのクリック音が無い。
CV-Zは既に一世代前のリールである(旧TD-Xと同世代)。これを、フルモデルチェンジするのではなく、簡単な手直しを加えては限定モデルとして再発売するというダイワ社の手法には疑問を感じる。
鮮やか過ぎるカラーはコーディネイトするロッドを選ぶ。ちなみにトマホークにはあまり似合わない(苦笑)。
コメント
中古購入して半年使用したTD-X105HVが、巻き渋りの発生、ハンドルのがたつき、塗装の剥げ落ちなどで使用感が著しく低下、我慢できなくなったのでトマホークに合わせる新たなリールを探していた所、たまたま近所の店に1年以上売れ残っていたこのモデルを発見(あれ?これって完全受注生産のはずでは?)。交渉の結果、割引してもらってこれを新品購入することにしたのでした。
トマホークにはマグフォースVが合うという感触を持っていたこと、ブレーキダイヤルがノーマル状態で外部調節式であること、メガバスの竿にはやっぱメガバスの(正確には違うけど)リールなんじゃん(笑)?と思ったことが購入の決め手になりました。
ただ、購入した後に凛牙が出てしまってちょっと凹みました。トマホークに合わせるなら圧倒的にあっちの方が似合うと思うので(笑)。
ともあれ、性能的にはほとんど不満がないので、永く愛用する予定です。
更新
お名前ようみんさん
アイテム名M-ito 103
対象釣り歴-更新日2005/03/17
使い込みLv.-満足度★★★★
用途
巻物オンリー。
気に入っている点
最初は、利用用途に逡巡していたが、
グラス素材のトマホークと組むと最高のフィール。
デザイン面でもトマホークが合う。
感覚的な話ですが、グラスのキャスト時にギューンと曲がって
開放するときに、このリールのスプール回転速度と
感覚が合っているように思う。変態系と言われるカラーだが、
妥協しないとこが自分は好き。
気に入らない点
Lのデザインのほうがカラーの均等がとれてる。
カルコン等にくらべると、巻き心地はわるい・・。
コメント
トマホーク専用?というくらい使いやすい。

Copyright(C) 1999-2019 花鳥風月, All rights reserved.