impre.net

 | 新着情報 | 登録 | 修正 | 検索 | 人気投票 | プロフ編集 | コミュニティ |

 スピニング
   
 WILD SIDE WSS61UL
   
メーカ名LEGIT DESIGN
更新
お名前内山優さん対象釣り歴25年以上更新日2016/05/04
アイテム名WILD SIDE WSS61UL使い込みLv.□□□□□満足度★★★★★
用途
1/32〜1/16ozジグヘッド、ダウンショット、ネコリグなどライトリグ全般
(主に琵琶湖でのボートで使用)
気に入っている点
・バットパワーがあり、50オーバーが掛かっても魚から寄ってくる
・繊細なティップで食い込みが良い
・掛けた後のベントカーブが非常に綺麗
・感度はそこそこ、必要十分なレベル
・コストパフォーマンスが高い
気に入らない点
・リールシートが短く、グリップしづらい
(3回目位で慣れましたが)
コメント
EGエアリアルが寿命になったため、買い替え。
使った感想は「実はかなりパワーがあるムッチリ細マッチョな竿」

繊細なティップと強いバットはエアリアル以上で、細いラインでも安心してやりとり出来ます。ウィードの中で大型が掛かっても耐えるだけで「魚から寄ってくる」を体感出来ます。
掛けた後のベントカーブが綺麗で素晴らしく、さすが飯高氏と鬼形氏が手がけた竿だなあと実感しました。

まれに「ティップが折れた」という話を耳にしますが、扱いの問題だと思います。どんな竿でも、魚やウィードが掛かった状態でグリップだけ立てて思い切りアワせれば折れます(笑)

EG派でしたが、今後はレジットデザインで揃えようかと思っている位、イチ押しの竿です。
更新
お名前肉々ボンバーさん対象釣り歴20年以上更新日2015/09/16
アイテム名WILD SIDE WSS61UL使い込みLv.□□□□□満足度★★★★
用途
ボートからリザーバーにて。
ダウンショットにて使用。

シンカー:2.2g
ライン:3lb
フック:ガマカツ 322#1
リール:2000番

ズル引きでは無く、ややショートレンジでのリフト&フォールが主体。
気に入っている点
コストバリュー
操作性
開発スタッフ
気に入らない点
パワー
コメント
元T社、P社の精鋭が設立した会社とあってネームバリューは申し分無しです。またアラミド搭載で3万円前後の価格も非常に魅力的です。
フ○ンウィック信者としては少々心が痛いですが、Fの血統を受け継ぐ低価格帯のロッドと言うことで「試しに」使ってみることに。
数か月使い込んでいますが非常に使いやすく気に入っています。
特に操作性が非常に良くミディアムファーストアクションにて軽いウェイトのリグでも重さをしっかりと乗せて飛ばすことが出来ます。またバランスも良好で持ち重り感も無く長時間使用しても腕が痛くなるなどありません。2.2gシンカーとの相性も良くリフト時もダルさを感じることなく思い通りのアクションをさせることが可能です。
ただ1点難を上げるとすればアラミド搭載とは言え、最近ハヤリの4軸補強などされているワケでは無いので、ややパワー不足(と言うか、こちらが一般的なULパワーかと)を感じるところでしょうか。ラインが細い為、スイープ気味で合わせますが使用フックでは貫通しないことが多々あり結果的にバラしが多発しています。
これについては今後細軸のフックを使う、ラインの番手を上げるなどで対処したいと思います。
またアラミドの効果としては正直劇的に体感出来る程の感動は無かったですが、ロッドを立ててやれば突っ込みには十分対処出来ているので、「それなりに?」は効果があるのだと思います。
弱点も見えてきましたが未だ対処のしかたもあるのでもう少し使い込んでから改めてインプレッションします。

Copyright(C) 1999-2017 花鳥風月, All rights reserved.